ウイーンエメラルドグッピーの宇田

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。

また歯科医の評判によっても料金はずいぶん違ってきます。

費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

ここで重視すべきなのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

インプラントについて、簡単に説明すれば何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。

インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。

実際のところ、費用の総額は歯科医院や歯科医によって大きく異なります。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、金額は歯科医院次第です。

それでも、相場はあると言えます。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。

ほとんどのインプラント治療は保険適用外なので高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増えています。

費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療に取りかかることは実現できるようになりました。

インプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくるのと同時に、落ち着いてくることがほとんどです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合は間を置かず歯科医の診療を受けることに努めましょう。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、噛んでいるとグラグラしてしまうなどの事例もあります。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに起因することが多いといえます。

インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。

高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、コストがかかり、設備や技術も要するからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。

全面的に保険がきくことにしてしまうと、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

残念ながら、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。

医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

スリムバーレスク|口コミや評判を検証!
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても根のケア次第で自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせる治療ができます。

抜歯した場合の選択は、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他になくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

では、インプラントの場合はどうでしょうか。

インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です