兵藤が大戸

インプラント治療による危険性を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった口コミがあったかもしれません。

それは違います。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

それは、治療を行う歯科医の腕や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れがなかなか引かないという時は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ひとたびケアを怠れば維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた優れた歯科医を探したいならば、日本だけでなく、海外の歯科医を探すという手段もあります。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、可能な限りの情報を集めることに努めましょう。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法だと言えます。
グライバルの口コミが凄い!効果は本当か?

良く検討した上で、歯科医を選ぶことが治療の成否を決めるのです。

どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが、インプラント維持のために必要です。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなると歯周病などのリスクが増します。

インプラント埋入手術の直後、自分の歯がうずく反応もよくあります。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることがほとんどなので、気にしないでください。

別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。

リスクをできるだけ減らすためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント。

使用年数は生涯持つと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスを行えるかどうかや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなるとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命にも影響が出ます。

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、他の選択肢としてインプラントをすすめられて、治療を受ける決心がつきました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術が終わってから、だんだんと違和感なく噛むことができるようになりインプラントにして良かったと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です