けんとで中野督夫

気になるインプラント手術の内容とは、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必須といえるでしょう。

患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ということであり、その分高額になっているのです。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。

スクリーノって凄いの?口コミや効果を徹底検証
ですが、便利な反面、難点もあるということに気を付けてください。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られていることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりする場合があることに留意してください。

誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

保険適用されることはごくまれで、ほとんど全てが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。

また、どの歯科医院を選ぶかによっても費用が異なることも事実です。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。

インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けてのごく一般的なインプラント治療でも、当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。

院内感染防止の対策をホームページ内で述べている歯科医院も当たり前のようになっていますから、まずはそこを見てください。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再び手術を行って骨を大きく削り直すことになります。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないといったケースです。

ブリッジ治療で考えると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら該当する歯の分だけ治療することになります。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があると要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。

どんな問題がインプラント治療にあるかを様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという説があったのではないでしょうか。

でも、気にしなくて良いです。

MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので金属ですが、磁気には反応しません。

MRI検査への影響はありません。

一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。

長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、あごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使っているためです。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、その全額が自費になるのが普通です。

もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、治療費が気になるのは当然です。

実際のところ、費用の総額は統一されておらず、歯科医院によって相当な開きがあります。

インプラント治療はほとんど自由診療のため、金額は歯科医院次第です。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です