マキナが竹内

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの場合、セラミックが使用されています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

熟練の技術に加え、審美性を求める芸術センスが要求される作業です。

患者さん一人一人に合わせて時間を掛けて作るので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。

最近よく聞くようになったインプラント。

差し歯とはどう違うのか見てみましょう。

決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。

差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。
ロイヤルハニーアップって凄いの?口コミや効果その秘密を徹底調査!

それに対して、インプラントというのは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に人工の歯を取り付けて固定するという施術なのです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから安全性を確認しながら治療を受けられます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって長い間、問題なく使うことが可能になります。

年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなどの事例もあります。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足が要因となっています。

インプラント手術の経験と実績のある歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。

しかし、クレジットカードの分割払いや、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

治療開始時に費用を全て現金で用意できなくても、治療を始めることは実現できるようになりました。

インプラント治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に医療費を収入から引くサービスを受けられます。

医療費控除を受けようとすれば歯科医を利用したときに必ずもらう領収書がお金を払った証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年で申告することになるので、保管しておいてください。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースが割と少なくないようです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっている可能性も考えられます。

より深刻な事態を食い止めるためにも、すぐに歯医者さんに診てもらいましょう。

インプラント治療を希望する代表例として、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。

インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯だけを根元から再生する治療になります。

周辺の歯に影響を与えたくないと要望があるケースでは歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です