セント・バーナードがマチャミ

インプラントの特長として、安定した使用感が得られ、どんなガムでも安定した噛み心地なのはまた嬉しいですね。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。

だからガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強度を備えています。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。

審美性を考えた場合、ブリッジよりインプラントの方が良いと言えます。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、代用となる人工歯のことです。

ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため残った歯と同じような使用感があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法とされています。

できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラント治療の結果を左右するのです。

インプラント治療が適用されるケースとして、失った歯だけの治療で済ませたいといったケースです。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。

見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはおすすめしたい治療法です。

歯科治療の一環として、インプラント治療も失敗をゼロにすることはできません。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目を損なってしまう問題もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

保険適用外のインプラント治療にもおおよその相場はあります。

トータルで30万円から40万円と考えてください。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。

歯科医院決定に大事なのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で自分の歯と同じくらい保つとされています。

とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうるということを忘れてはいけません。

インプラント治療は多くのケースでとても有効ですが、マイナスの部分も理解しておきましょう。

シミウスってどうなの?でもネットでも話題だよね!
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

高くついた場合、数十万円にもなるケースもあるのです。

それから、治療が失敗すると、場合によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するという重大な問題もあります。

障害が残るばかりか、手術後の死亡例もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です